その61 川越運動公園陸上競技場

川越運動公園陸上競技場 スタジアムガイド 外観

 

ポイント😅

  • 川越駅からバスで30分
  • NTT関東の誘致に失敗
  • 男泣きに泣いた柏サポーター

すっかり表舞台から遠ざかってしまった陸上競技場

 

川越駅から路線バスに揺られること30分。

終点まで乗り通して、ようやくたどり着いたのは、年季の入った平々凡々な陸上競技場です。

 

川越運動公園陸上競技場 メインスタンド 屋根 個人利用

川越運動公園陸上競技場 芝生席 個人利用 スタジアムガイド

実はこの平凡な陸上競技場にも、Jリーグクラブのホームスタジアムとなるチャンスがありました。

それはJ2リーグ発足前の1997年頃のこと。

1999年に発足するJ2リーグに参入すべく、プロ化に向けた準備を始めていたNTT関東サッカー部のホームスタジアムとして立候補しました。

しかし、選ばれたのは大宮市。

 

川越駅 JR川越駅 東武川越駅 ルミネ

JR、東武、西武と複数の鉄道会社が乗り入れ、それなりに賑わっている川越ですが、巨大ターミナル駅から徒歩圏内の専用スタジアムには敵いません。

NTT関東に振られた川越陸上競技場は、徐々に日本サッカー界の表舞台から遠のいていきます。

かつては柏レイソルがJリーグ昇格を決めた舞台となったり、冬の高校選手権の会場のひとつとして使用されていた時代もありましたが、それも2001年を最後に開催されなくなりました。

現在では地域リーグや、なでしこリーグなどでの利用が多いようです。

 

「小江戸」と呼ばれるように古い街並みを残し狭い道の多い川越市で、30分もバスに乗るのはストレスを感じます。

何度も訪れたくなるようなスタジアムではありません。