その137 富士総合運動公園陸上競技場

富士総合運動公園陸上競技場 富士市陸上競技場 アクセス 屋根

 

ポイント🙄

  • ジヤトコサッカー部の拠点
  • アスルクラロ沼津も開催
  • 平凡な陸上競技場

今は無きジヤトコサッカー部の主戦場

 

およそ25万人の人口を擁する静岡県富士市。

浜松市、静岡市に次ぐ静岡県第三の都市は、富士山と製紙のイメージが大きく、新幹線や高速道路から眺める富士山と煙突がおなじみです。

ところが近年は、製紙産業は衰退気味。だそうです。

 

富士山 飛行機 飛行機から見た富士山 世界遺産

富士市は人口で比較すると、山形県山形市、神奈川県平塚市、長野県松本市と同じくらい。こうして並べてみると、富士市にもJリーグクラブがあってもよい気がしてきます。

そう思うと、かつてこの陸上競技場を拠点にJFLの舞台で活動していた、ジヤトコサッカー部が2003年に解散してしまったことは、とても残念な出来事です。

会社の事情は外部の人間にはわかりませんが、多くのプロ選手を抱えながら数百人程度の観客しか集めることができなかったことが要因だったのでしょうか。

ジヤトコサッカー部がJFLに在籍した1997年から2003年は、J2リーグが発足し多くの仲間たちがクラブ化の道を選択。そしてJFLを去って行った時期でした。

サッカー王国・静岡と言いながらも、実はサッカー不毛の地である静岡県東部。JFL在籍5年での解散はあまりにも突然の出来事でした。

 

ジヤトコサッカー部の解散以降、全国の舞台から遠ざかっていたこの陸上競技場が、再び全国の舞台に返り咲いたのは2014年のこと。地域リーグからJFLに昇格したアスルクラロ沼津の試合が開催されました。

このようにJFLに在籍していた3年間は、この陸上競技場も使用していたアスルクラロ沼津ですが、J3リーグに昇格した2017年以降は全ての試合を沼津市の愛鷹競技場で開催。

富士市は再び全国の舞台から遠ざかってしまいました。

 

富士市陸上競技場 富士総合運動公園陸上競技場 サッカー アクセス

メインスタンド中央には背もたれ付きの椅子が用意されています。また申し訳程度ですが、屋根もあります。

 

富士市陸上競技場 富士市総合運動公園陸上競技場 観戦 サッカー

富士市陸上競技場 富士総合運動公園陸上競技場 サッカー観戦 アクセス

富士総合運動公園陸上競技場 バックスタンド 座席 芝生席

バックスタンド中央にはコンクリート化されたエリアがあります。

特徴といったらこれぐらいの極々平凡な陸上競技場です。