その14 保土ケ谷公園サッカー場

保土ケ谷公園サッカー場 メインスタンド 横浜FC 練習試合 町田ゼルビア

 

ポイント🙂

スッキリと小ぎれいな塩顔スタジアム

 

保土ケ谷公園 保土ヶ谷公園 神奈川県の公園 保土ケ谷運動公園

穏やかな緑に囲まれた保土ケ谷公園は、横浜らしい起伏の激しい地域にあるため、たどり着くのに一苦労。

駅からの道のりは、上り坂がとてもキツイため、路線バスの利用をおすすめします。


藤塚インターから1㎞

横浜新道 藤塚インター付近 有料道路 サーティーフォー保土ケ谷球場

横浜新道「藤塚インター」から約1㎞。ついつい車で行きたくなる場所ですが、イベントによっては臨時駐車場も含め、あっという間に満車になってしまいます。

 

サーティーフォー保土ケ谷球場 サーティーフォー保土ヶ谷球場 34保土ケ谷球場 34保土ヶ谷球場 保土ケ谷公園 保土ヶ谷公園

特に高校野球はくせ者。ただでさえ路上駐車が目立つ場所ですが、高校野球の開催日は、それにもまして路上駐車が目立ちます。やはり公共交通機関を利用した方が良さそうです。

 

とてもシンプル

保土ケ谷 サッカー場 スタンド 屋根

保土ケ谷スタジアム サッカー場 屋根 観客席

公園の中心に位置するサッカー場は、とてもシンプル。小さなメインスタンド以外は、全て芝生席です。

練習試合程度がちょうどよさそうな、とてもスッキリとしたスタジアムです。

 

保土ケ谷公園サッカー場 保土ヶ谷公園サッカー場 神奈川県立保土ケ谷公園 神奈川県立保土ヶ谷公園

保土ケ谷公園サッカー場 保土ヶ谷公園サッカー場 横浜清風高校サッカー部 サッカーボール 

歴史のある公園ですが、何度か改修を重ね、あまり古さを感じさせないのは良いところ。

しかし、メインスタンドの収容人数はわずか500人程度。さらにフェンス越しに外からまる見え。これでは有料試合は厳しそうです。

300万人以上の人口を誇る横浜市ですが、スタジアム事情は最悪。プロの興行に相応しい規模のサッカースタジアムがありません。

サポーターを満足させられるスタジアムができるのは、一体いつになるのでしょうか。

 

ラグビー場

保土ケ谷公園 保土ヶ谷公園 駐車場 アクセス

公園の一番手前でデカい顔をしているのが野球場。真ん中でどっしりと構えるサッカー場。それに対して、どこか控えめにひっそりと佇むのがラグビー場です。

 

保土ケ谷公園ラグビー場 保土ヶ谷公園ラグビー場 神奈川県立保土ケ谷公園 神奈川県立保土ヶ谷公園 アクセス スタジアムガイド

ラグビー場と名が付いていますが、サッカーのゴールもラインも用意されています。

ただし、人工芝に引かれているメインのラインはラグビーです。

 

保土ケ谷公園ラグビー場 保土ヶ谷公園ラグビー場 屋根 座席 観戦 スタジアムガイド

座席の下に更衣室等が設置されているサッカー場とは違い、ラグビー場はクラブハウスが別に用意されています。

小さなスタンドですが、しっかり屋根が用意されているのは嬉しい限りです。