その3 ニッパツ三ツ沢球技場

三ツ沢球技場 横浜市民病院 移転 騒音 

 

ポイント👀

  • 高低差は40m
  • いびつなゴール裏
  • 適度な傾斜

みんなで共有、還暦スタジアム

 

三ツ沢の丘の上にそびえる、武骨で古式な三ツ沢球技場。

その歴史は古く、建設されたのはなんと1955年!Jリーグはもちろん、その前身である日本サッカーリーグ(JSL)さえも始まる前のことです。

半世紀以上にわたって日本サッカーの歴史を支えてきた三ツ沢球技場は、1964年には東京オリンピックのサッカー会場として、また1979年には日本で開催されたワールドユースの会場としても活躍。

さらにJリーグ開幕時には、横浜マリノスとフリューゲルスのホームスタジアムとしてJリーグバブルの一翼を担い、2002FIFAワールドカップでは、練習会場として大会を支えました。

還暦を迎えた今でも、横浜F・マリノス、横浜FC、YSCC、ニッパツ横浜FCシーガルズのホームゲームを開催。さらに大学サッカーや高校サッカー、ラグビーもこなす働き者です。

 

さて、オーソドックスな登丘ルートは、横浜市営地下鉄「三ツ沢上町」駅から徒歩15分ほど。

また、横浜駅からも徒歩25分ほどで着きますが、坂道はきつめ。横浜駅と三ツ沢球技場の高低差は40mもあります。ちなみに高さ40mというとウルトラマンの身長と同じだそうです。

横浜駅からはバスも豊富に出ているので、バス利用のサポーターも大勢います。

高速道路の出口も近いのですが、残念ながら駐車場は少なめ。週末になると、公園周辺の路上駐車も目立ちます。公共交通機関の利用が賢明でしょう。


いびつな形

ルヴァンカップ スポンサー 柏レイソル 観戦記

レノファ山口 サポーター 三ツ沢球技場 ゴール裏

最大の特徴はアウェイゴール裏席。道路を挟んで住宅街が隣接しているため、メインスタンドに向けて段々と狭くなっていきます。

 

適度な傾斜

三ツ沢 日体大

三ツ沢 メインスタンド

横浜ダービー 横浜FC サポーター 三ツ沢球技場 Jリーグ スポンサー

三ツ沢球技場のほどよい傾斜は、多くのサポーターに好評です。

 

選手との距離が一番近いのはバックスタンド。

 

横浜ダービー 横浜FC サポーター スポンサー 三ツ沢球技場

一方、ピッチから距離のあるゴール裏席は不満の声も多いようです。

 

野ざらし

ニッパツ三ツ沢球技場 雨 屋根 悲惨 ルヴァンカップ準決勝 柏レイソル

開放感あふれる素敵なスタジアムですが、天気が崩れると、さあ大変!屋根もコンコースも無いため逃げ場がありません…

こまめにリフォームされているため、座席は綺麗で大型ビジョンも設置されていますが、設計の古さが泣き所。

改修の噂も聞こえ始めてきましたが、実現するのでしょうか。

純粋にサッカーを楽しむには申し分ないだけに、都市の規模に相応しいスタジアムへの改修を期待します。

 

病院移転

横浜市民病院 横浜市立市民病院 三ツ沢球技場 移転

バックスタンド裏に完成した横浜市立市民病院。

災害時には広域活動拠点となる三ツ沢公園と一体的に整備することにより、災害対策の機能向上を図る目的でこの場所に移転したそうです。

病院には、球技場での試合が医療に影響の無いよう工夫が施されているようです。