その104 藤枝市民グラウンド

藤枝市民グラウンド 外観

 

ポイント😈

  • 藤枝ブルックスは移転
  • 日本一サッカーが強い自治体「藤枝市役所」
  • 藤色の座席

兵どもが夢の跡

 

静岡県藤枝市郊外の小さなサッカー場。藤枝MYFCのホームスタジアムがある総合運動公園とは、およそ2.5km離れています。

 

藤枝市民グラウンド メインスタンド

藤枝市民グラウンド バックスタンド

屋根があるのはメインスタンド中央のみの簡易型スタジアム。

 

 

藤枝市民グラウンド メインスタンド 屋根 時計

藤枝市民グラウンド メインスタンド 屋根 座席

藤枝市民グラウンド スコアボード

設備は最低限。とてもシンプルなサッカー場です。

しかしこのサッカー場、こう見えて、かつてはJFLの強豪・藤枝ブルックスのホームスタジアムとして名を馳せていました。

1994年にはJリーグ準会員となり、成績もまずまずのブルックス。

当然、Jリーグ昇格への機運は高まったものの、残念なことにJリーグの基準を満たすスタジアムが藤枝市には無かったのです。

当時はまだ、総合運動公園サッカー場はありませんでした。

このことから藤枝でのJリーグ昇格を断念したブルックスは、積極的な誘致活動を展開していた福岡市へ移転。それが現在のアビスパ福岡です。

逃した魚は大きかった気がしますが、どうなのでしょうか。

 

藤枝市民グラウンド 座席 藤枝市 サッカー 盛ん

藤枝市民グラウンド 座席

ただし忘れてはならないのが、藤枝市役所サッカー部。彼らはJリーグの前身であるJSLの2部にも参加したことがある強豪なのです。また、全国自治体職員サッカー選手権大会では他を寄せ付けない圧倒的な優勝回数を誇ります。

東海リーグで戦う彼らのホームスタジアムは、もちろんこの藤枝市民グラウンド。藤枝市の名に相応しい綺麗な藤色のスタンドで、日本一サッカーが強い自治体を堪能できます。