その104 藤枝市民グラウンド

藤枝市民グラウンド 外観 スタジアムガイド 日本のサッカースタジアム サッカー王国

 

ポイント😈

  • ブルックスは移転
  • 日本一サッカーが強い自治体「藤枝市役所」
  • 藤色の座席

兵どもが夢の跡

 

静岡県藤枝市郊外の小さなサッカー場です。Jリーグの試合が開催される総合運動公園サッカー場とは、およそ2.5km離れています。

この程度の距離なら、万が一会場を間違えてしまっても、なんとかなりそうです。

 

藤枝市民グラウンド メインスタンド 屋根 アクセス

藤枝市民グラウンド 芝生 ピッチ 観客席

「スタジアム」ではなく「グラウンド」の名がしっくりくる、とても簡素な造りをしています。

 

藤枝市民グラウンド メインスタンド 屋根 時計 スタジアムガイド

藤枝市民グラウンド 屋根 座席 見え方

屋根があるのはメインスタンド中央のみ。柱で視界を遮ることなく、しっかり最前列まで覆われています。

シンプルながらも押さえるところはしっかり押さえてある、さすがサッカー王国だと感心します。

 

藤枝市民グラウンド スコアボード 藤枝ブルックス スタジアムガイド

とてもスッキリした印象ですが、時代を遡ってみると、JFLの強豪・藤枝ブルックスのホームスタジアムとして名を馳せていた記憶が蘇ってきます。

ブルックスは1994年にはJリーグ準会員となり、成績もまずまず。当然、Jリーグ昇格への機運は高まったものの、当時はまだJリーグの基準を満たすスタジアムが藤枝市にはありませんでした。

そのため、ブルックスは積極的な誘致活動を展開していた福岡市へ移転。それが現在のアビスパ福岡です。

逃した魚は大きかった気がしますが、どうなのでしょうか。

ただし忘れてはならないのが、藤枝市役所サッカー部。彼らはJリーグの前身であるJSLの2部にも参加したことがある強豪なのです。また、全国自治体職員サッカー選手権大会では他を寄せ付けない圧倒的な優勝回数を誇ります。

東海リーグで戦う彼らの2022シーズンの成績は、なんと2位!優勝したFC刈谷は地域チャンピオンズリーグ決勝ラウンドへ進出。そのFC刈谷と勝点3差の2位の成績は立派なものです。

 

藤枝市民グラウンド 座席 藤枝市 サッカー王国 スタジアムガイド

藤枝市民グラウンド 座席 スタジアムガイド 藤枝ブルックス 日本のサッカースタジアム

以前は鉄骨を組んだようなスタンドでしたが、2015年にコンクリート製に改修されました。

総合運動公園サッカー場の完成以降、影が薄くなった感じは否めませんが、それでも地域のサッカーを支える重要な場所であることに変わりはありません。