その80 秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場 駐車場 外観 スーパーラグビー

 

ポイント😄

  • 東京のど真ん中
  • 非対称なスタンド
  • そのうち建て替えるはず

埼玉ではありません、都心の専用スタジアム

 

東京のど真ん中にあるにもかかわらず、埼玉県の秩父市にあると勘違いされがちな秩父宮ラグビー場。「秩父宮」は地名ではなく、ラグビーの発展に貢献した皇族由来の名です。

こんな超一等地に専用スタジアムを持っていることを羨むサッカー関係者は多いでしょう。

老朽化が進み、すでに建て替えることが決定しています。ところが、隣接する野球場も巻き込んだこの計画は、東京オリンピックをめぐる混乱により、当初の計画より大幅に遅れることになるそうです。


一番人気のメインスタンド

秩父宮ラグビー場 屋根 トップリーグ メインスタンド

一番人気のメインスタンドは、大きな通りに面しています。そのため混雑していても比較的楽に入退場ができます。

スタンド中央には屋根がありますが、恩恵を受けられる席はあまり多くはなさそうです。「無いよりはマシ」と言ったところでしょうか。

 

傾斜の緩いバックスタンド

秩父宮ラグビー場 トップリーグ 人気 不人気

秩父宮ラグビー場 トップリーグ バックスタンド 見え方

傾斜が緩く、のっぺりとした印象のバックスタンド。それでもピッチレベルから始まる最前列は迫力満点!

これぞ専用スタジアム、ラグビーの大迫力を間近で感じることができます。

 

非対称なサイドスタンド

秩父宮ラグビー場 トップリーグ 観戦記 ゴール裏が非対称なスタジアム スタジアムガイド

北側のスタンドは唯一の立見席。

正面からの観戦となるため、選手が自分に向かって迫ってきます。横から見る世界とは全く違う、スタジアム観戦ならではの楽しさを味わえるでしょう。

しかしこの席、大型ビジョンが見づらいのが玉に瑕。首の可動域がものをいう席です。

 

秩父宮ラグビー場 屋根 ゴール裏 サイドスタンド

屋根と座席が用意された南側のスタンド。

最前列の通路はかなり広く、人の往来が気になります。神経質な方は避けた方が良さげ。

加えて後段は屋根を支える柱が多いので死角が多めです。座席選びは慎重に。

ゴール裏がサポーターで埋め尽くされるサッカーと違い、ラグビーではサイドスタンドが人で埋まることは少ないようです。

 

FC東京

FC東京 サガン鳥栖 秩父宮ラグビー場 サッカー ルヴァンカップ

秩父宮ラグビー場 FC東京 サガン鳥栖 ルヴァンカップ サッカー

2019シーズン、FC東京がルヴァンカップのグループステージで使用。見慣れないスタジアムにワクワクしたファン・サポーターも大勢いたことでしょう。