その75 浦和駒場スタジアム

浦和駒場スタジアム 高校選手権 屋根 浦和レッズ ネーミングライツ

 

ポイント🚗

  • レッズは埼玉スタジアムへ
  • アウェイサポーターは出島で観戦
  • なかなか使用しない2階席

お荷物と言われていた頃…

 

日本一の観客動員を誇り、2度のアジア王者に輝いた浦和レッズ。

ところが、Jリーグ開幕当時はあまりにも弱すぎたため、ガンバ大阪、名古屋グランパスとともに、Jリーグの「お荷物」扱いでした。

さらに悲惨なことに「お荷物」の中でも最弱なのが浦和レッズでした。

1995年に一度下位から脱出したものの、またすぐに低迷。

1999年には、創設まもないJ2へ転落しました。

しかし、1年でJ1に戻ってきた後は上り調子。強豪クラブへの道を邁進し、2000年代前半は次々とタイトルを獲得しました。

 

お荷物クラブから強豪クラブへと変貌した浦和レッズの魅力は、やっぱりサポーター。

彼らは今も昔も変わらぬ情熱でクラブを支え続けます。

減少しつつあるとはいえ、1試合平均30,000人以上の観客数を誇り、アウェイの地でも対戦相手のサポーター以上の熱い声援を轟かせる。

そんな浦和レッズのサポーターが作り出す雰囲気に惹かれ、サッカー観戦の魅力にはまる人も多いことでしょう。

 

さて、国内最大のサッカー専用スタジアム「埼玉スタジアム2〇〇2」をホームとする浦和レッズですが、Jリーグ開幕から2001年までは、同じ市内の陸上競技場「駒場スタジアム」をホームスタジアムとして使用していました。

当初はメインスタンドにしか座席のない小さなスタジアムでしたが、浦和レッズの人気にあわせて拡大。しかしそれにも限界があり、クラブの人気がスタジアムのキャパシティを超え、現在ではほとんどのホームゲームが埼玉スタジアムで行われています。

それでも、お荷物時代を知る古参サポーターの中には、この駒場スタジアムに愛着を感じている人も多いようです。


通称「出島」

浦和駒場スタジアム 出島

駒場を語るうえで外せないのが「出島」と呼ばれるアウェイサポーター席。

この狭いスタンドに、容赦なくアウェイサポーターを押し込んでしまうところが、さすが浦和レッズ。

その窮屈感は、阿鼻叫喚の地獄絵図。

 

浦和駒場スタジアム 屋根 ホームゴール裏 出島

ホーム側の出島は、アウェイ側より少しだけ大きいようです。

 

浦和駒場スタジアム 立見席 2階席 個人利用

大宮アルディージャの試合を開催した時は、コーナー部分の立見席もアウェイサポーター席でした。

ここまで広がると、さすがに窮屈感は和ぎます。

 

下部組織やレディースが使用

浦和駒場スタジアム メインスタンド 屋根 浦和レッズ

駒場スタジアム 第97回高校選手権 東福岡高校

トップチームは埼玉スタジアムへ移りましたが、下部組織やレディース、大学サッカーなど相変わらずサッカーでの使用頻度の高い陸上競技場です。

しかし、これらの試合ではメインスタンドのみの開放にとどまることが多く、最も見やすいバックスタンド上段が閉鎖されていることが多いのが難点。

 

高校選手権 駒場スタジアム 前橋育英高校サッカー部 応援団 控え部員

高校選手権でも、日なたとなる上段は開放されず、薄暗い下段での観戦を強いられます。冬のバックスタンド下段は、とにかく寒い。

 

高校選手権 駒場スタジアム 前橋育英高校 東福岡高校

せっかく増設した2階席も、宝の持ち腐れとなってしまっては意味がない。

 

バックスタンド裏は住宅地

浦和駒場スタジアム バックスタンド

テレビ中継などでは気づきづらいですが、驚くほど住宅地に近いスタジアムです。限られた敷地を目一杯使って拡張されたことがわかります。

 

バックスタンド

裏側から眺める駒場スタジアムも、なかなかカッコいいです。