その74 富山県総合運動公園陸上競技場

富山市陸上競技場 カターレ富山 観戦記 感想

 

ポイント🧐

  • ピッチが遠い
  • 駅から遠い
  • 空港からは、そこそこ近い

あまりにも遠すぎて存在が薄れます

 

北陸地方最初のJリーグクラブ、カターレ富山。

2002FIFAワールドカップによるサッカー熱の再燃によって、様々な地域でJリーグ加入を目指す動きが盛り上がるなか、カターレ富山は誕生しました。

 

2007年、富山県サッカー協会の要請に応じ、富山市に拠点を置く「アローズ北陸」と黒部市に拠点を置く「YKK AP」が統合し誕生したカターレ富山は、翌2008シーズンよりJリーグを目指す戦いに参戦。

もともとJFLの強豪だったアローズ北陸とYKKが手を組んだのですから、それは強い。

シーズン序盤こそ足踏みをしましたが、その後は順調に勝ち点を積み重ね、成績面でも、観客動員数でもJリーグ昇格条件をクリア。

カターレ富山は誕生からわずか1年、あっという間にJ2昇格を決めました。(当時、J3はありませんでした。)

 

しかし順調に昇格を果たした富山ですが、J2の舞台では苦戦が続き、なかなか上位に顔を出すことができません。

そして2014シーズン、まさかの最下位でシーズンを終え降格。今ではすっかりJ3に定着してしまいました。


独特な形状

富山 陸上競技場 富山国際ユース 屋根

富山 陸上競技場 見え方 富山国際ユース 

メインスタンドは一層式、それ以外は二層式です。

最大の特徴は一層目が芝生席、二層目に座席が用意されている点でしょうか。

 

富山 陸上競技場 富山国際ユース サッカー

また、T字型をした照明塔も印象的です。

 

ピッチが遠い、駅からも遠い

富山 陸上競技場 富山国際ユース

富山 陸上競技場 富山国際ユース

カターレ富山のファン・サポーターが気の毒になるほどピッチが遠くに感じます。

試合中にもかかわらず、眠くなってしまうほどの遠さ。

この遠く遠く離れたピッチを眺めていると、あまりにも遠すぎてピッチ上の選手たちの存在が薄れてきます。これは酷い。

さらに、駅からスタジアムも遠く離れています。

富山駅からバスが出ているので、それを利用すれば問題ありませんが、やはり土地柄ホームサポーターは自家用車での来場が多いようです。

 

しかし駅からは離れていますが、空港からは徒歩圏内という珍しいスタジアム。そうは言っても25分ほど歩くことになりますが…

これぐらいであれば、旅慣れたアウェイサポーターには苦にならない距離でしょう。

 

ゴール裏だけは避けたい

富山県 富山市 陸上競技場 富山国際ユース カターレ富山

どの席を選んでもピッチが遠いスタジアムですが、ゴール裏下段だけは避けたいところ。

高さが無い、傾斜が無い、座席が無い、屋根が無い。そしてお金を払う価値も無い。