その67 朝日ガスエナジー東員スタジアム

東員町スポーツ公園陸上競技場 改修 費用 アクセス ネーミングライツ

 

ポイント🏞

  • ヴィアティンカラーに装飾
  • 2020年4月よりネーミングライツを導入
  • 超がつくほどのローカル線

本気のヴィアティン三重

 

三重県員弁郡東員町(いなべぐんとういんちょう)は、三重県北部に位置する人口およそ25,000人の小さな町です。

名古屋市から車で30分ほどのこの町は「都会の便利さを享受しつつ田舎暮らしを楽しむことができる」近年人気のエリアだそうです。

2013年にはイオンモール東員がオープン。また、2016年にはイオンの近くに、東海環状自動車道・東員ICも完成。利便性が向上しました。

 

現在JFLのヴィアティン三重は、J3まであと一歩。

このクラブの素敵な点は、自分たちで費用を捻出しスタジアムを改修したところ。

スタジアムの指定管理者となったクラブは、スタジアムをJ3仕様に改修するだけではなく、なんとヴィアティンカラーの装飾まで施したのです。

この積極的な姿勢、なかなか好感が持てます。


ヴィアティンカラーのカッコ良さ

東員町 陸上競技場 屋根 ヴィアンティン三重

改修前のスタジアムは、味も素っ気もない面白みに欠けた陸上競技場でした。

 

ヴィアティン三重 改修 J3 雨 アクセス スタジアム

改修によりJ3を開催するための設備を追加。さらに、ヴィアティンカラーにデコレーション。

黒とオレンジがスタイリッシュでいい感じです。

 

東員町 陸上競技場 ヴィアンティン三重

パッとしない外装も、もちろんリニューアル。

 

東員町スポーツ公園陸上競技場 改修 アクセス 雨 

クラブエンブレムと東員町の町章が控えめに並ぶ姿は、かなりカッコいいです。

写真で見るより、実物の方がさらにカッコいいということも付け加えておかなければなりません。

 

東員町 陸上競技場 JFL スタジアム ヴィアティン三重 改修

黒を基調とした装飾に、控えめなオレンジが良いアクセント。繰り返しますが、かなりカッコいいです。

 

ネーミングライツ

ヴィアティン三重 東員町スポーツ公園陸上競技場 朝日ガス スタジアム ネーミングライツ

2020年4月よりネーミングライツを導入。「朝日ガスエナジー」は、四日市市に本社を置くLPガス販売会社だそうです。

何とも言えない存在感のある看板です。

 

東員町陸上競技場 ヴィアンティン三重 JFL 東員町

バックスタンドの看板の空きスペースはクラブの伸びしろ。

百年構想クラブに認定されたクラブの次なる目標は、もちろんJ3昇格です。

 

超ローカル線

北勢線 ローカル線 東員町 東員駅

最寄り駅は三岐鉄道北勢線「東員」駅。

駅前には辺り一面緑のピッチが…

いや、田んぼが広がります。

 

北勢線 東員駅 イオンモール東員 アクセス 最寄り駅

駅からスタジアムは、20分も歩けば着くでしょう。首都圏の感覚なら十分徒歩圏内ですが、ここではそうはいきません。田舎の人は20分も歩くのを嫌います。

そもそも超ローカル路線、北勢線を利用する人がどれだけいるのか。

日中の本数が1時間に2本の電車を、待ち時間なく乗りこなすのは至難の業。

ただでさえ田舎の三重県の、さらに田舎へと突き進んでいくのですから、鉄道やバスに期待は禁物です。