その56 ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

ひたちなか 陸上競技場 屋根 アクセス

 

ポイント💨

  • 海風が強い
  • 観客動員数は3桁が当たり前
  • 車で行くのが無難

夏はともかく、冬は最悪

 

ひたちなか 海 港 環境破壊

茨城県の太平洋側にある陸上競技場。笠松陸上競技場からはおよそ10kmの距離です。

この陸上競技場の特徴は強風。メインスタンド以外は芝生席が広がり、そのうえ外壁も無いため海風を遮るものが全くありません。

夏はともかく、冬は最悪。どれだけ防寒をしても足りません。

陸上競技は、追い風2m以上で記録が参考記録として扱われるそうです。このような海からの強風をまともに受ける環境は陸上競技に向いていないと思うのですが、どうなのでしょうか。

競技者にも観戦者にも厳しい環境です。

また、2000年の笠松陸上競技場の改修期間中、当時J2リーグに昇格したばかりの水戸ホーリーホックの試合を開催。

ひたちなかでの試合は観客数が3桁ということも珍しくなく、寂しい試合が続きました。観客数が発表され、1,000人を超えるとホッとしたものです。

スタジアムは吹きっ曝し。さらに公共交通機関を使ったアクセスは皆無とあっては、発足間もない水戸ホーリーホックが動員に苦しんだのも納得です。

 

ひたちなか市総合運動公園 陸上競技場 屋根 アクセス 水戸ホーリーホック

ひたちなか市総合運動公園 陸上競技場 屋根 アクセス 天皇杯

本当に風を遮るものが全くありません。一般的に風速1mで体感温度が1℃下がると言われています。

上着を一枚余分に持っていったほうが良さそうです。