その44 柏の葉公園総合競技場

柏の葉公園総合競技場 屋根 雨 アクセス 駐車場

 

ポイント😬

  • 観戦はメインスタンド一択
  • 全面移転反対!!
  • つくばエクスプレス開業

この葉なんの葉柏の葉、駅から歩いて一時間(当時)

 

「見づらい、来づらい、柏の葉」で有名な柏の葉公園総合競技場です。1999年、陸の孤島(当時)柏の葉公園にオープンしました。

建設当初は柏レイソルのホームスタジアムとなる予定でしたが、一悶着も二悶着もあったあげく、レイソルは日立台を選びました。

比較対象が日立台では、どんな陸上競技場も敵いません。


観戦はメインスタンドで

柏の葉 陸上競技場 スタジアム 屋根 座席 見え方

千葉県 高校サッカー 流通経済大学柏 習志野

高さも傾斜もある大きなメインスタンド。この規模の陸上競技場としてはまずまずの眺めを確保しています。

 

柏の葉 陸上競技場 スタジアム バックスタンド 見え方

それに対して、バックスタンドは酷いもの。高さも傾斜もなく、トラック越しに見えるピッチはとても遠くに感じます。

 

柏の葉 ゴール裏 酷い 高校サッカー 

ゴール裏にいたっては言葉がありません。高さの無い陸上競技場は最悪です。

等々力競技場や、レモンガススタジアム平塚と同じくらいの酷さ。

屋根があることが唯一の救いでしょうか。

 

柏の葉移転問題

1995年にJリーグに昇格した柏レイソル。ホームスタジアムの日立柏サッカー場はJリーグの基準を満たしていませんでした。

当時のJリーグ参加規程には、スタジアムの条件として「公共の施設であること」「15,000人以上収容できること」があげられていたそうです。

要するに、日立台のような民間所有の10,000人程度のスタジアムでは、Jリーグに参戦できません。そこで千葉県が柏の葉に建設予定だった陸上競技場を設計変更(変更前は3,000人収容予定)。

レイソルの要望と、Jリーグチェアマンからの「どうせ作るなら20,000人収容の屋根付きにしてみては」という余計な言葉も入り、現在の姿となりました。

 

ところがこの陸上競技場の完成を待っていては、Jリーグ開幕に間に合いません。そこでレイソルは、日立台を突貫工事で15,000人規模に拡張。

こうして柏市にはサッカー場と陸上競技場、2つのJリーグ規格のスタジアムが誕生しました。

 

さて、サポーター抜きに進められたこの話。

専用スタジアムから陸上競技場への移転などあってはならないこと。サポーターが納得するなんて土台無理な話です。「造ったのだから使え」と上から目線の行政にも問題があり、「全面移転反対」を掲げたサポーターは、移転を阻止すべく闘いへ突入。

柏の葉のJリーグデビュー戦となった1999年の柏vs浦和の試合では、なんと発煙筒が飛び交う壮絶な猛抗議を展開。

あの浦和レッズサポーターが唖然とするほどの過激な猛抗議でした。

 

柏の葉 ゴール裏

ホームゴール裏一帯は、赤い光と白い煙に包まれました。

 

激しい抵抗の甲斐あって、柏の葉での公式戦は2008年以降は実施されなくなりました。

いくら立派なメインスタンドを用意しても所詮は陸上競技場。日立台の臨場感を知ってしまったら、移転など到底受け入れられるものでは無いでしょう。

傾斜があるとはいえ、日立台と比較すると…

三協フロンテア柏スタジアム 日立台 MR席 メインスタンド 見え方

の差です。

 

ゴール裏席は

です。

まさに雲泥の差。

 

柏の葉キャンパス駅

陸の孤島、柏の葉に変化が訪れたは2005年。つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅が開業しました。

駅からスタジアムは歩いて20分程と、アクセスは少し改善。何より駅周辺の開発に伴い、街並みが一変。

マンションやららぽーと柏の葉など、三井グループの街として開発が進み、柏の葉近辺の人口も一気に増加。スタジアムが完成した1999年に比べると、街は劇的に変化しました。

バックスタンド越しに見えるのは、柏の葉キャンパス駅周辺の高層マンションです。