その40 Honda都田サッカー場

Honda都田サッカー場 本田都田サッカー場 ホンダ都田サッカー場 観戦記

 

ポイント🚗

  • とにかくピッチが近い
  • 屋根付きのメインスタンド
  • 車で行くのが無難

王者の風格

 

Jリーグ昇格を目指すクラブが必ず乗り越えなければならない壁、Jへの門番としてJFLに君臨するHondaFC。

要するに、Jリーグで通用するクラブになるためには、最低でもHondaFCよりも強くなくてはならない。ということです。

1999年のJFL創立以降、9度の最多優勝を誇るHondaFC。この王者の壁は、とてつもなく高い壁です。

しかし、立ちはだかる巨大な壁も、見方を変えたら大きな扉。扉の向こうの世界に夢はあるのでしょうか。

 

そんな門番にも、プロ化の動きが無かったわけではありません。

今でも悔やまれる1997年の出来事。

それは、Honda都田サッカー場を改修し、Jリーグ入りを目指す動きがあったのですが、肝心の浜松市が非協力的だったこと。

プロリーグは行政の協力無しに成り立ちません。浜松市の消極的な姿勢が大きく響き、プロ化の話はすぐに立ち消えになってしまいました。

実力的には申し分ないHondaFCは、スタジアムの目途さえつけばJリーグ入りは間違いなかったはずです。Jリーグの舞台に立つ彼らの姿を見たかったです…

それ以降、HondaFCのプロ化への目立った動きはありません。

 

天皇杯 Hondafc 本田技研 新聞 Honda都田サッカー場

HondaFCのホームスタジアムは、本田技研工業創設の地である静岡県浜松市郊外のHonda都田サッカー場。

このスタジアム、JFLだからと言って見くびってはいけません。

なんと柏レイソルの三協フロンテア柏スタジアムと同様、日本では珍しいクラブ所有のスタジアム。立派な一国一城の主です。

小さくて可愛らしいスタジアムですが、Jリーグの前身である日本サッカーリーグ(JSL)時代から幾多の名勝負が繰り広げられてきました。

 

Honda都田サッカー場 浜松市 屋根 練習

Honda都田サッカー場 バックスタンド 観戦記 訪問記

まるでタッチラインに貼りついているかのようなスタンド。チームカラーに彩られたスタンドが、たまらなくかっこいい。

Jリーグ入りを目指すクラブの、幾多の挑戦を跳ね返してきた王者の貫録を感じます。

 

Honda都田サッカー場 練習見学 屋根 アクセス

Honda都田サッカー場 屋根 座席 アクセス

嬉しい屋根付きのメインスタンド。

俯瞰して見るのは難しいですが、それは川向こうの隣町、ヤマハスタジアムのバックスタンドにお任せ。ここではこの距離でしか感じることのできない、戦いの熱気を思う存分体感しましょう。

 

浜松市都田地区は駅から遠く離れた場所に位置するため、公共交通機関でのアクセスは絶望的。鉄道利用の際も、浜松駅からレンタカーを利用するのが無難でしょう。

試合開催時、駐車場はしっかりと用意されています。