その36 たけびしスタジアム京都

西京極 陸上競技場 ネーミングライツ たけびしスタジアム京都

 

ポイント😈

  • センスの悪さは天下一品
  • 2019ラグビーワールドカップに立候補→落選
  • 2019年8月1日よりネーミングライツを導入

まごうことなき醜いスタジアム

 

平安遷都以来、長きにわたって日本の首都であった京都は、四季を問わず観光客に人気の都市です。

寺社仏閣が点在し、世界的な観光スポットも数多くあります。また、修学旅行でも定番中の定番。

そんな京都ですが、まともなサッカースタジアムが一つも無いのが悩みでした。あるのはセンスの悪さは天下一品の、残念な陸上競技場。

この陸上競技場は、見づらいスタジアムの代表格と言っても過言ではないでしょう。とにかく酷い。


スタンド内に照明塔

西京極 ゴール裏 屋根 ゴール裏が非対称なスタジアム

まず目につくのが南側サイドスタンドの照明塔。

よーく見てください。なぜかスタンドの中に照明塔があります。

 

たけびしスタジアム京都 照明塔 邪魔 欠陥 見切り席

たけびしスタジアム京都 京都サンガ 移転 新スタジアム 

「屋根が無い」とか「傾斜が緩い」とか「汚い」とか「変な形」など、いろいろありますが、まずはこれ。

なぜ…

どうしてこうなってしまったのか、言葉がありません。

この照明塔は、1988年の国体開催を機に設置されたようですが、一体何を考えながら設計したのでしょうか?何も考えていなかったのでしょうか?ボーっとしてたんですか?

 

半分しかない

たけびしスタジアム京都 ゴール裏 サイドスタンド 屋根 座席 京都サンガ

北側のサイドスタンドは半分だけ。池だかモニュメントだかよく分かりませんが、そんな感じなものがあるので歪な形をしています。

ちなみにこちら側がサンガサポーター席。

 

屋根無し、傾斜無し、嵩も無し

たけびしスタジアム京都 バックスタンド 屋根 座席 京都サンガ 浦和レッズ 天皇杯

たけびしスタジアム京都 傾斜 屋根 見づらい 京都サンガ

全体的に傾斜が緩く嵩も無いため、サッカー観戦には向いていません。

 

たけびしスタジアム京都 メインスタンド 見え方 屋根 座席

一番見やすいメインスタンドでもこの程度。

 

西京極 トイレ たけびしスタジアム京都

スタジアム唯一の屋根がこれ。

この全く役に立たない屋根。どこかで見たことがあると思ったら、万博競技場にそっくり!!

 

中が見えるトイレ

たけびしスタジアム京都 トイレ 汚い 最悪 ありえない

用を足してる姿が見えてしまうトイレ。この公園のトイレは、どこもかしこもこんな感じです。

古いのはわかりますが、それ以上に汚いのも問題。もう少し、しっかり管理した方が良いのでは?

 

ワールドカップに立候補!!

たけびしスタジアム京都 ワールドカップ 落選 アクセス 屋根 見え方

何よりも驚くことは、京都市がこのスタジアムで2019年ラグビーワールドカップの開催地に立候補したこと。

同規模の仙台福岡と比較して、このスタジアムが勝っている点はありますか?

自分たちは国際的な観光都市・京都だから、こんなスタジアムでも大丈夫だと思ったのでしょうか?

「大丈夫、大丈夫!だって俺だぜ、京都だぜ!」って感じですかね。

よくこんなところで開催できると考えたものです。不思議です。身の程知らずにもほどがあります。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。案の定、落選しました。

自分たちが思ってるほど、周りは京都を特別視していなかったのでしょう。

 

たけびしスタジアム京都 西京極陸上競技場 ネーミングライツ 京都サンガ

ところが、こんなスタジアムでもネーミングライツを導入することに成功。2019年8月1日より「たけびしスタジアム京都」の通称に変わりました。

 

この気の毒なほど残念な陸上競技場を離れ、亀岡市の新スタジアムへの移転した京都サンガ。

J1への返り咲きを期待してます。