その34 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸ユニバー記念競技場 屋根 アクセス 最寄り駅

 

ポイント🏆

  • 改修は見送り
  • ワールドカップはウイングスタジアムで開催
  • 昔は凄かった

存在感の無い巨大スタジアム

 

かつて神戸港はシンガポール以上の国際貿易港でしたが、今はせいぜい関西地区を代表する貿易港。衰退の続くこの都市に打開策はあるのでしょうか。

さて、神戸市須磨区の山林を切り開き整備された巨大な陸上競技場は、1985年夏季ユニバーシアード開催のために建設されました。

2002FIFAワールドカップ会場として立候補した神戸市は、当初はこのスタジアムをワールドカップ仕様に改修する予定でした。

ところが、ワールドカップ基準を満たすための屋根の設置、室内練習場や座席などの設備面の改修に想定以上の費用がかかることが判明。

熟考に熟考を重ねた末にたどり着いた答えは、神戸ウイングスタジアムでの開催。そんなわけで、ユニバー記念競技場の改修は見送られました。


決して満員になることはない

神戸ユニバー記念競技場 国立競技場 似てる 屋根

ラグビー トップリーグ 不人気 神戸製鋼

神戸ユニバー記念競技場 ラグビートップリーグ 神戸製鋼 リコー

旧国立競技場を彷彿させる、すり鉢状の巨大な陸上競技場です。

 

神戸ユニバー記念競技場 トップリーグ 神戸製鋼 観戦記

神戸ユニバー記念競技場 上層席 上層スタンド 2階席 バックスタンド

1996年、大阪に長居スタジアムができるまでは関西随一のスタジアムとして君臨し、日本代表やJリーグオールスターゲームなどの大舞台で活躍。東の国立競技場と渡り合う事のできる、西の横綱的な立ち位置だったような気がします。

しかし、長居スタジアム完成以降はその座を譲り、ヴィッセル神戸のホームスタジアムとしての役目を地道に担ってきました。

ところが2003年より、ヴィッセル神戸はウイングスタジアムに移り、ユニバー記念競技場はさらに存在感を失うことに。

徐々に表舞台から遠ざかり、往年の活躍が影を潜めた近年は小粒感が否めません。

バックスタンドに用意されている上層スタンドも、使う機会は滅多にありません。

 

屋根はメインスタンド後方のみ

神戸ユニバー記念競技場 屋根 メインスタンド 雨

神戸ユニバー記念競技場 ベンチシート 屋根 ラグビー トップリーグ

屋根はメインスタンド後方のみ。座席に背もたれがあるのもメインスタンド中央のみで、他は全てベンチシートです。

屋根無し、狭い通路、延々と続くベンチシート…

雨の日に多くの観客が訪れた場合は、耐えがたい苦痛を強いられそうです。

築年数が古いこともあり、設備面では2002FIFAワールドカップに向けて誕生した巨大スタジアムと比較すると、どうしても見劣りしてしまいます。

 

野球場

神戸グリーンスタジアム アクセス ユニバー記念競技場 感想 レビュー

駅を挟んだ反対側には、かつてはプロ野球球団の本拠地だった野球場があります。

野球場ではプロ野球が、陸上競技場ではJリーグの試合が開催されていた公園ですが、現在ではどちらも無用の長物に成り下がりました。