その31 IAIスタジアム日本平

IAI日本平スタジアム 清水エスパルス ゴール裏 シャトルバス乗り場

 

ポイント🗻

  • メインスタンド風なバックスタンド
  • 2階席で応援
  • どこにも負けない見晴らしの良さ

ゴール裏席からの眺望は最高

 

サッカー王国・静岡。その中でも最もサッカーが盛んな清水は、日本のサッカーをリードしてきた自負や伝統があります。

「日本のブラジル」なんて言葉があるぐらい、清水と言えばサッカーです。

そしてこのIAIスタジアム日本平は、日本のブラジルの名に恥じない素敵なスタジアム。何度も何度も訪れたくなる、クセになるスタジアムです。

ちなみに「日本平」は「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」に由来。神話の時代まで遡る由緒正しい地名です。


なで肩のメインスタンド

日本平スタジアム ネーミングライツ アクセス 屋根

日本平スタジアム メインスタンド 屋根 アクセス 清水エスパルス

テレビ中継で見慣れた日本平スタジアムは、それぞれが独立したスタンドの四角いスタジアム。

ところが、テレビにあまり映らないメインスタンドは、他のスタンドとは少し趣の異なる、なで肩のスタンドです。

実はこのスタジアム、1991年にできた当初は、まともなスタンドはこのメインスタンドだけでした。Jリーグ開幕後、清水エスパルスが人気クラブに成長。

バックスタンドとサイドスタンドが増設され、現在の姿となりました。形の違いは造られたタイミングの違いということですね。

 

清水サポーター IAIスタジアム日本平 メインスタンド バックスタンド

距離も傾斜も文句なし。

 

IAIスタジアム日本平 大型ビジョン

残念ながら、メインスタンドからは大型ビジョンが見えません。スタジアム唯一の大型ビジョンはメインスタンド後方にあるからです。

バックスタンドやアウェイゴール裏は敷地に余裕が無く、ここしか設置場所が無かったのでしょう。

 

メインより立派なバックスタンド

IAIスタジアム日本平

あとから増設されたバックスタンドは、メインスタンドより立派な造り。たまにメインスタンドと間違えられます。

屋根もこちらのほうが大きいのですが、敷地に余裕が無いためアウェイ寄りの席には屋根がありません。

 

日本平スタジアム 屋根 バックスタンド サポーター 清水エスパルス 観戦記

VIPな方々が陣取るのもバックスタンド。

 

IAIスタジアム日本平 日本平スタジアム

IAIスタジアム日本平 バックスタンド

ピッチレベルから始まるスタンドは迫力満点。

 

応援は2階席で

IAIスタジアム日本平 清水エスパルス サポーター

清水 柏 2017 柏レイソル

最大の特徴は2階席に陣取るサポーター。大迫力の応援が選手の頭上から降りそそぎます。

 

IAIスタジアム日本平 日本平スタジアム

素敵な応援環境です。あまりの眺めの良さに興奮して、転落しないように気をつけましょう。

 

清水エスパルス 弱い 柏レイソル 日本平スタジアム

清水エスパルスの試合では、見やすい2階席より見づらい1階席の方が高額な価格設定になっています。

高さも傾斜も無い1階席は、逆サイドの様子がよく分かりません。

 

日本平スタジアム 1階 一階 見え方 屋根

1階席のメリットは、頭上にある2階席が屋根の役割を果たしてくれる点でしょうか。ただし、冬は日が当たらないため、凍える寒さを覚悟しなければなりません。

 

清水エスパルス 日本平スタジアム ファミリーシート 観戦記

アウェイ側1階席には、ファミリーシートも用意されています。

 

断崖絶壁

日本平 外観

山の中腹にある日本平スタジアムは、敷地に全く余裕がありません。アウェイゴール裏の裏は見事な崖っぷち。

 

日本平スタジアム コンコース 通路 狭い 

敷地に余裕が無いため、全体的に通路は狭く、試合前後とハーフタイムはカオス。売店に並ぶ人、トイレに並ぶ人、席に戻りたい人、通り抜けたい人…

とにかく人でごった返します。

 

日本平スタジアム 景色 眺め 展望 富士山

狭い通路にイライラした時は、富士山を眺めて心を落ち着かせましょう。遮るものが何もなく、美しい姿を拝むことができます。

このどこにも負けない見晴らしの良さが、実はこのスタジアムの最大の魅力かもしれません。

 

山の中腹に位置するため、アクセスの悪さは致し方なし。新幹線停車駅の静岡駅からもシャトルバスが出ていることが救いでしょうか。

アウェイサポーターにとってはありがたいです。