その178 ウェーブスタジアム刈谷

ウェーブスタジアム刈谷 豊田自動織機 ワールドカップ FC刈谷

 

ポイント😄

  • ワールドカップ会場に立候補
  • 個性的なメインスタンド
  • 外からまる見え

四半世紀前の記憶

 

今から四半世紀以上前の話、愛知県刈谷(かりや)市は2002FIFAワールドカップの会場に立候補しました。残念ながら愛知県内の推薦争いで豊田市に敗れたため、スタジアム建設は頓挫してしまいました。

もし計画通りに事が運んでいたら、50,000人収容の専用スタジアムがこの地に建設されているはずだったのです。

アイシン、デンソー、豊田自動織機など、名だたる自動車関連企業が本社を置く刈谷市は、全国トップクラスの財政力を誇ります。

また、裕福なだけでなく、県内で一番のサッカーどころとしての一面も持ち合わせているだけに、もしワールドカップ会場に選ばれていたら、もし専用スタジアムが建設されていたら、愛知県のスポーツ史は大きく変わっていたはずですが、FC刈谷は東海リーグで苦戦を強いられています。


個性的なメインスタンド

ウェーブスタジアム刈谷 屋根 外観 FC刈谷 観戦記

ウェーブスタジアム刈谷 屋根 座席 メインスタンド FC刈谷

ウェーブスタジアム最大の特徴は、個性的な形状のメインスタンド。

他の陸上競技場とはテイストの異なるスタンドは、いくつかに分割され、それぞれが大きな屋根に覆われています。

なぜこのようなデザインにしたのかは分かりませんが、1度上段に登ってしまうと横移動がしづらいという欠点を抱えています。

 

ウェーブスタジアム刈谷 座席 観戦記 日本の陸上競技場

スタンド中央には跳ね上げ式の座席が用意されています。

 

ウェーブスタジアム刈谷 FC刈谷 観戦記 感想

それ以外の座席も個席が用意されているなど、規模のわりに質の高さを感じます。

 

ウェーブスタジアム刈谷 メインスタンド 座席 屋根 見え方

メインスタンドからの眺めは可もなく不可もなく、普通です。

 

外からまる見え

ウェーブスタジアム刈谷 メインスタンド 外観 屋根 座席

ウェーブスタジアム刈谷 JFL 屋根 座席 FC刈谷

もう一つの特徴は、周辺道路からまる見えな点。

道路がスタジアムの位置より高いため、わざわざ覗き込まなくても歩いているだけでスタジアム内の様子が目に飛び込んできます。

芝生席周辺に壁を設置しているのですが、そんなの関係なしにバッチリ見えます。見られたいのか見られたくないのか、よく分からない造りをしています。

 

グリーングラウンド刈谷

ウェーブスタジアム刈谷 グリーングラウンド刈谷 FC刈谷 観戦記

メインスタンド後方に見えるのは、グリーングラウンド刈谷。天然芝と人工芝のピッチが1面ずつ整備されています。

ただし訪れた日は、天然芝が大分ハゲあがっていました。

 

刈谷市総合運動公園 ウィングアリーナ刈谷 観戦記 アクセス

グリーングラウンドの向かい側にあるのが、ウィングアリーナ刈谷。

 

刈谷市総合運動公園 ウィングアリーナ刈谷 ウェーブスタジアム刈谷 グリーングラウンド刈谷 自動販売機

この自動販売機を見る限り、刈谷市はサッカー以外のスポーツも盛んな地域のようです。

 

駅から1.5㎞

刈谷市総合運動公園 ウェーブスタジアム刈谷 アクセス 最寄り駅

最寄り駅は名古屋鉄道「一ツ木」駅。各駅停車しか停まらないため、少し不便さがあります。

 

ウェーブスタジアム刈谷 刈谷市総合運動公園 アクセス 駐車場

駅からおよそ1.5㎞。20分程度の道のりを歩くことを考えると、車を利用した方が良いかもしれません。

ただし、収容台数の多い駐車場は陸上競技場の反対側。これもまた少し不便を感じます。