その17 味の素スタジアム

Tokyo Stadium RWC 2019 味の素スタジアム 

 

ポイント😅

  • 使用されないトラック
  • 味も素っ気もないスタンド
  • ヴェルディの試合は寝っ転がって見れる

ほとんど陸上競技場として機能していません

 

AGFフィールドを配下に置く約50,000人収容の巨大な陸上競技場。その名も「味の素スタジアム」。

2003年3月より味の素によるネーミングライツを開始、日本におけるネーミングライツの先駆けです。

FC東京、東京ヴェルディの試合はもちろん、日本代表戦やラグビー、コンサートなどの大規模イベントでも大活躍。新宿から電車で一本のアクセスの良さもあり、イベントには事欠きません。

 

もっとも、このスタジアムの本職は、あくまで陸上競技場。

ところが、毎週のようにサッカーやラグビーに明け暮れてばかりで、陸上の大会を開催する気配がありません。

そもそもトラックができたのは、スタジアム完成後10年以上も経ってからというのも驚きです。

2013年、国体開催にあわせてようやくトラックを設置したものの、国体が終了してからは全く使用されず…

一体このスタジアムで何がしたいのでしょうか?

なんとも馬鹿げた話です。なぜこんなスタジアムができてしまったのか。


使わないトラック

味の素スタジアム 屋根 Tokyo Stadium RWC 2019 

Tokyo Stadium RWC 2019 マリノス 味の素スタジアム Tokyo Stadium RWC 2019

スタンド全周が屋根に覆われており、清潔感もあるので快適な観戦が可能です。それだけに、使用実態のない無駄なトラックの存在が残念でなりません。

 

無味乾燥

味の素スタジアム 日本代表 アルゼンチン代表 屋根 ゴール裏 

味の素スタジアム ルヴァンカップ FC東京 名古屋グランパス

ぐるりと人工芝に覆われた陸上トラックと、それを囲むグレーのスタンド。あまりにも味気ない、殺風景なスタジアムです。

もう少しカッコつけてもいいのではないでしょうか。

 

清水 FC東京 サポーター 味の素スタジアム 屋根

FC東京 柏レイソル 味の素スタジアム 伊東純也 手塚康平 サッカー観戦 

暖色系カラーのサポーターが、より美しく目立って見えるスタンドです。

FC東京 サポーター ゴール裏 味の素スタジアム 屋根

寒色系カラーのホームゴール裏席は、あまり美しくありません。

 

おすすめは2階席

Tokyo Stadium RWC 2019 味の素スタジアム 清水エスパルス FC東京

Tokyo Stadium RWC 2019 味の素スタジアム 2階席

スタジアム観戦ならではの一体感が楽しめる1階席も良いですが、落ち着いて俯瞰的に見たい人には、高さのある2階席がおすすめです。

とは言っても所詮は陸上競技場。ゴール裏席からは距離を感じます。

 

FC東京の足元にも及ばない

ヴェルディ 町田 Tokyo Stadium RWC 2019 サッカー観戦 味の素スタジアム

2019 ヴェルディ 2-0 柏レイソル

東京ヴェルディ 味の素スタジアム 屋根 徳島ヴォルティス 昇格争い

Jリーグ創設期の栄光はどこへやら。巨大なスタジアムを持て余し気味な東京ヴェルディ。

川崎から東京への移転は「クラブの悲願」だったらしいのですが、スタジアムは常に閑古鳥が鳴いています。

FC東京との格差は広がるばかりです。

 

飛田給駅 京王線 味の素スタジアム アクセス

飛田給駅構内や周辺は、ほぼFC東京一色。ヴェルディのホーム感はありません。