その16 愛鷹広域公園多目的競技場

愛鷹広域公園 愛鷹競技場 屋根 外観

 

ポイント🐦

  • 不毛の地とは呼ばせない
  • 愛鷹の由来は徳川家康
  • 観戦はメインスタンドで

家康公の愛した山の麓で

 

静岡県東部は、サッカー王国・静岡にありながらサッカー不毛の地。

そんな不名誉には堪えられないとばかりに、2017年よりJ3に参入したアスルクラロ沼津は、まだまだ発展途上。

サッカー王国・静岡の期待を一身に背負う清水エスパルスや、Jリーグ屈指の輝かしい実績を誇るジュビロ磐田とは、人気、実力ともに比較の対象にもなりません。

そのうえ、沼津が次のステップへ進むためには、J2ライセンス条件を満たすスタジアム整備が必須です。

この愛鷹競技場を改修するのか、新スタジアム建設が実現するのか、あるいはスタジアムは整備されずJ3にとどまり続けるのか…

いずれにしても、公共交通機関を使ったアクセスが絶望的な愛鷹では、お先真っ暗な気がします。

クラブは現在、運命の曲がり角に立っているのかもしれません。

 

それはさておき、愛鷹広域公園の由来は沼津のシンボル・愛鷹山から。

「愛鷹」と書いて「あしたか」。そのルーツは、なんとあの徳川家康。「家康の愛する鷹狩りの山」という由来のようです。

家康は生涯を通して鷹狩りを愛するほど、鷹狩りに入れ込んでいたそうです。

かっこいい地名にはかっこいい由来あり。


屋根付きのメインスタンド

愛鷹広域公園多目的競技場 屋根 大きい 座席

端から端まで屋根の架かったメインスタンド。この規模の陸上競技場にしては立派な屋根です。

メインスタンドの収容人数は約5,000人ですから、平均観客数が2,500人ほどの現在のアスルクラロ沼津には、最適なサイズかもしれません。

 

愛鷹広域公園陸上競技場 メインスタンド 座席 見え方 アスルクラロ沼津

陸上トラックが目障りに感じますが、俯瞰して見るには悪くないと言ったところでしょうか。

 

メインスタンドとの落差が激しい

愛鷹広域公園陸上競技場 ゴール裏 アスルクラロ沼津 練習

愛鷹広域公園多目的競技場 芝生席 傾斜 屋根

愛鷹広域公園 アスルクラロ沼津 愛鷹競技場 レビュー 感想

バックスタンドとサイドスタンドには、高さも傾斜も屋根もありません。それどころか、座席すらありません。あるのは芝生だけ。

観戦の際は、迷わずメインスタンドへ行くことをおすすめします。

 

海の向こうは伊豆半島

愛鷹広域公園陸上競技場 海 伊豆 景色

公園に到着すると目の前には山が、そして後ろを振り向くとなんと海が見えます。予想以上の見晴らしの良さに感銘を受けるかもしれません。

日本の国土は、海と山が近すぎて平地が少ないことがよくわかります。

 

スポーツ広場

愛鷹広域公園 スポーツ広場 アスルクラロ沼津 練習

スタジアム後方には、アスルクラロ沼津が日常的に練習で利用するスポーツ広場があります。