その132 韮崎中央公園陸上競技場

韮崎陸上競技場 韮崎中央公園陸上競技場 メインスタンド 外観 屋根 座席

 

ポイント😀

  • 5戦全敗
  • 619人
  • 外からまる見え

ヴァンフォーレがJ2デビューを飾った場所

 

山梨一のサッカーどころ、韮崎市。旅人・中田英寿氏の母校、韮崎高校が有名です。

また、韮崎市はヴァンフォーレ甲府ともきわめて深い関係があります。

この陸上競技場では、J2初年度の1999年に4試合、翌2000年に1試合の公式戦を開催。と言ってもプロ仕様ではないこの陸上競技場での開催は、ライセンス制度を導入し、スタジアムの質が向上した現在では信じ難い出来事です。

結果は残念ながら5戦全敗…

さらに照明設備が無いため、平日のデイゲームとなったFC東京戦では観客わずか619人の大惨事。チームは弱い、観客はまさかの3桁。関係者の心中お察しします。

毎年猛暑が続く甲府盆地で行われた9月中旬のデイゲーム。この試合も気温34.5℃の熱戦でした。

J2リーグ初年度の忘れられない思い出です。

 

忘れらない思い出と言えばもうひとつ。

1999年に行われた記念すべきJ2開幕戦は、小瀬ではなくこの韮崎で開催されたことも付け加えておきます。

 

韮崎中央公園陸上競技場 外観 フェンス 練習 アクセス

周囲は簡単なフェンスがあるだけで、中がまる見えの構造です。そもそも有料試合の開催には向いていないことがわかります。

最後にJ2リーグを開催してから20年が経ち、さらにかつては関東リーグの強豪だった韮崎アストロスは弱体化。この競技場も注目を浴びることが少なくなりました。

 

韮崎中央公園陸上競技場 トラック 屋根 スタジアムガイド

韮崎中央公園陸上競技場 トラック 練習 芝生席 雨

座席があるのはメインスタンドのみ。バックスタンドとゴール裏は芝生席です。

トラックがだいぶ疲れ気味なのも気になります。

 

韮崎中央公園陸上競技場 サッカー ヴァンフォーレ甲府 FC東京 J2 スタジアムガイド

バックスタンドのサッカーボール。さりげなさの中にもセンスが光る装飾です。

サッカーのまちの名は、伊達ではありません。