その127 国立競技場

国立競技場 外観 ダサい 便器 デザイン

 

ポイント😟

  • ダサい
  • 狭い
  • どうすんのこれ

一流の建築家がデザインした巨大な便器

 

いつの時代もオヤジは煙たがられがちですが、自分の周囲に一人ぐらい「渋めのオヤジ」はいませんか。顔つきが引き締まっていて渋みを醸し出している男性です。そのような男性を「苦味走ったいい男」と表現します。

旧国立競技場は、さながら苦味走ったいい男と言った感じのスタジアムでしたが、1,569億円の巨費を投じて完成したこの国立競技場は、まるでダメなおっさん。略してマダオ。

まずは、2019年のラグビーワールドカップを開催する予定でしたが、結局間に合わず。完成した時にはすでに大会は終わっていたという大失態。

さらに悪いことは重なります。なんとかオリンピックには間に合わせることができたと思いきや、オリンピックは延期、しかも無観客。大金をドブに捨てたようなスタジアムです。

 

国立競技場 デザイン 便器 屋根 雨でも濡れない

当初は流線型を多用したダイナミックなデザインになるはずでしたが、すったもんだのあげくようやく完成したのは、まるで巨大な便器。

これでも一応、一流の建築家がデザインしたようですが、ダサいものはダサい。

建設費の削減と工期を優先して建設したにも関わらず、結局巨額の費用をつぎ込み完成したのはこれ。完成に至るまでの経緯も完成品もすべてがダサいのですから、目を覆わずにはいられません。

オリンピックは世界中の注目を集める一世一代のビッグイベント。バシッとかっこよく決めてほしかったのですが、残念です。


普通

国立競技場 メインスタンド バックスタンド 見え方 見づらい

国立競技場 2階席 ゴール裏 3階席 見え方

見た目にセンスが感じられなくても、当然ながらスタジアムの価値を決めるのは中身です。

ではこの国立競技場の中身はというと…

普通。

モザイク柄のスタンドを、ただ3層重ねただけ。

 

国立競技場 メインスタンド 見え方 記者席

国立競技場 屋根 座席 バックスタンド 見え方 レビュー

国立競技場 ゴール裏 見え方 感想 レビュー

やはり下層階は見づらいです。

 

アウェイ側ゴール裏

国立競技場 アウェイゴール裏 アウェイ席 マラソンゲート 分断

国立競技場 アウェイゴール裏 マラソンゲート オリンピック

気になるのはアウェイ側ゴール裏席を分断するように設置されたマラソンゲート。「GATE3」は、どうしてもこの位置でないとだめだったのでしょうか。

オリンピックのマラソンは、暑さを回避するために札幌で開催することに決まりました。どうするんですかね、このマラソンゲート…

笑いも出ないほど呆れてしまいます。

 

せっかく好きな相手とデートできることになったのに、事前準備ができてなかったせいで失敗に終わってしまったなんて経験、ありませんか?

デートもオリンピック開催も事前準備が大切なことはいっしょです。準備をどれだけ入念に行ったかで成功が決まると言っても過言では無いでしょう。

オリンピックが真夏に開催されることなんて、事前に分かりきっていたことなのですから。主催者の頭の中は一体どうなっているのでしょうか?

 

窮屈

国立競技場 座席 窮屈 見え方 見づらい

座席の前後幅はかなり窮屈です。座ってる人の前を通れません。立ち上がって譲ってくれればいいのですが、大柄の人は大変そうですね。

ここで真夏の日中にオリンピックを開催するなんて、想像しただけでも地獄絵図。

 

国立競技場 設計ミス 酷い 狭い

さらに通常であれば通路になってる出入口付近にも座席があります。この場所って立ち止まる人が多いですよね。

特に上層階は横移動用の通路が無いため、入る場所を間違えるともう一度コンコースに戻らなければならない、初見殺しの設計。

廊下の無い家みたいなものでしょうか。ちょっと違いますかね。

 

国立競技場 予算 狭い 窮屈 設計ミス

通路の狭さも気になります。「おもてなし」とはなんでしょうか?

 

日本陸上競技連盟に注目!

国立競技場 嵐 ARASHI ジャニーズ コンサート

開閉式屋根も、球技場化も諦めた国立競技場。ありがたがるのは嵐のファンぐらいでしょうか。

レガシーと言いながらオリンピック後の使途も計画できていないバカさ加減。

長期的な視点に欠け、それぞれの組織の利益や面子に重きを置いた場当たり的なドタバタ劇は、これ以上見たくありません。

日本陸上競技連盟は、サブトラックの無いこの陸上競技場をどのように活用していくのか、注目です!