その111 あずまサッカースタジアム

あずまサッカースタジアム 前橋育英高校サッカー部 インターハイ予選

 

ポイント🙂

  • 駅から6㎞
  • 敷地いっぱいいっぱい
  • 屋根に覆われたスタンド

スタジアム界の名脇役

 

群馬県伊勢崎市は、ペヤングソース焼きそばで有名な、まるか食品の本社があります。

攻めすぎなとんでもない商品が目をひくペヤングですが、実は東日本を中心に販売しているようなので、西日本ではあまり見かけないそうです。意外な事実です。

 

スタジアムがあるのは、2005年1月に伊勢崎市と合併した旧東村(あずまむら)エリアの長閑な田園地帯。

東武鉄道とJR両毛線の2路線使える伊勢崎駅ですが、スタジアムがある場所は駅から東へ約6㎞。そのうえ路線バスが皆無なため、可能であれば車で訪れるのが無難でしょう。

 

あずまサッカースタジアム 前橋育英高校 観戦記 スタジアムガイド

最大の特徴は、スタンドとピッチの近さ。ここまで近いと手前のタッチラインが全然わかりません。

 

前橋育英高校 新島学園高校 あずまサッカースタジアム インターハイ予選 サッカー観戦

群馬県 インターハイ予選 高校総体予選 前橋育英高校

四方を道路に囲まれたスタジアムは、敷地に全く余裕がありません。

 

あずまサッカースタジアム

スタンド裏も、すぐそこに道路です。

 

あずまサッカースタジアム 

あずまサッカースタジアム スタンド 屋根 人工芝

小さなスタンドですが、端から端まで屋根に覆われています。

 

プレー技術が向上し、けがのリスクが軽減される人工芝ピッチは、天候に大きく左右されないためスケジュール面で大きな役割を担っています。

決して派手なスタジアムではありませんが、地域のサッカーを支える大事なスタジアムです。

まさにスタジアム界の名脇役。